前へ
次へ

熟年離婚による、離婚裁判で優位に進めるには

熟年離婚と呼ばれる言葉が、一時期流行っていた時代がありましたが、熟年離婚による離婚裁判を起こす人も存在しています。離婚に至る原因は、何かしらの原因がある話でもあり、特定の内容であれば慰謝料を請求できる場合もあるのです。浮気や不倫、DVやモラハラなどが、それに該当します。浪費グセや、同居の拒否なども、慰謝料請求の対象にすることも可能です。ただし、熟年離婚による離婚裁判に当たっては、出来るだけ証拠になる資料も必要であり、弁護士と相談し、証拠となる資料を集めるのも大切です。夫が退職されている場合は、自宅のローンの支払いが終わっている人も多いでしょう。離婚裁判においては、共有財産として認められるため、何かしらの財産を手に入れる場合もあります。この場合は、自宅を住み続ける方が、相手の賃貸の保証する考えもあるかもしれません。一般的に、慰謝料の請求額は、100万円から300万円と言われています。ただし、過去の離婚裁判において、夫が複数の女性と不貞行為を繰り返し、妻に暴力や暴言などを行っていた内容において、1000万円の慰謝料が認められた事例があります。精神的な苦痛は、金額が高められる可能性があるため、精神的な苦痛に対して意識を高めておくのもポイントです。

Page Top