前へ
次へ

離婚裁判で問題になる、共有財産の問題について

法律に対して疎い人の中には、自分の物と相手の物を分けて考えている人もいるでしょう。離婚裁判においては、2人で築き上げた物は、共有財産であり、基本的に2人で折半しなければなりません。たとえ、自宅の名義や車の名義が、旦那の名義であっても、売却して2人で折半する必要性があります。ただし、親の名義を引き継いだ自宅を、自身の名義に変えた場合は、これに該当しません。離婚裁判の中には、慰謝料が関わる話もあるでしょう。共有財産の折半と慰謝料は別の話であり、別の件として支払う必要性があります。共有財産は、2人で結婚した後に築き上げてきた財産です。ただし、離婚裁判でも難しい話として、難しい財産があります。例えば、相手にプレゼントとして贈ったものは、個人の財産である特有財産として判断されるのです。旦那にお小遣いを与えて、購入したものも個人の財産として判断される場合があります。一般的な社会において、価値の高いものは共有財産として判断される傾向もあります。細かな話は、弁護士の知識が長けているため、納得いく離婚を行うためにも弁護士に相談されると良いでしょう。

Page Top